借入先 消費者金融

MENU

消費者金融からの借入

銀行より小回りが利くのが消費者金融です。
ご存じの通り金利は高いですから、最低限の借入がいいかと思います。上手に利用すれば、いいですが借入額が高い場合は注意してください。

 

消費者金融は、無担保でお金を貸してくれるというリスクを背負っています。借り手は、金利が高いというリスクを背負うのが、この消費者金融の仕組みです。そんなことから3件を超える消費者金融からの借入はお互いのリスクが増大するため難しいものとなります。

 

銀行は、自営業や会社などの法人に主にお金を貸してくれます。住宅ローン、マイカーローンなども銀行で貸してくれることがあるので、それ以外の場合は消費者金融になるかと思います。

 

消費者金融は、一般消費者向けの融資が得意で、収入のある方で過去に未払い、支払い遅延などがなければ
すぐに貸してくれると思います。特にサラリーマンには貸してくれますので、利用したことのない方は試しに利用されてもよいでしょう。

 

昨今の消費者金融に対する規制や法律改正により金利や契約条件などの制限が厳しくなりました。借りた方が破産したり返済出来なかったことが原因でもありますね。

 

有名なのはマルイカードで金利が高く、簡単にカード発行してもらえるのですが返済できない方が多かったようです。簡単にお金無しでも買えてしまうのですから、繰り返せば返済もきつくなりますね。

 

事業でおすすめの方法は、急にお金が少し必要になったとき。返済も短期であれば金利で取られる前に返済していけば大きなリスクもないかと思います。

 

長期で多額になると返済不履行になりかねませんから、金額が数百万になるような場合は銀行や信用金庫に相談してみるのがおすすめです。

 

消費者金融は簡単に貸してくれますが、金利というデメリットもありますからこれをどう考えるかによると思います。

 

事業が急成長していてどうしても借りたい場合などは、こういった機関で一時的な借入を考えてもよいかもしれません。

金利最低で借りる

そもそも消費者金融は、金利が高いです。
金利ベースがそもそも高いですから、金利を安くしたいと思っても銀行ほどにはなりません。
銀行の金融機関がほとんどなのですが位置付けが異なるようで、預金があったとしても金利を下げてくれるものではありません。

 

事前に予測できないようなお金の不足、不渡りによる一時的な費用としてなどであれば有効に活用できるかもしれません。

 

また返却見込みが早ければ、その分の金利は払わなくても済みますから、返済期間が短くすれば金利を最低限に抑えることができます。

 

これらは消費者金融の会社により異なりますから、事前に相談して金利シミュレーションしておくのが理想的です。お金は急に必要になることが多いですが、金利が高いので十分注意してください。

 

また、クレジットカードローンは金利がもっと高くなるので、クレジットカードローンを利用する可能性があるなら消費者金融のカードを作っておくのがおすすめです。クレジットカードローンは簡単に使えるから、つい使いがちですが金利面では注意が必要になります。