借入先 日本政策金融公庫

MENU

政策金融公庫からの借入

政策金融公庫は融資にも積極的で金利も安く、場所にも拘りなく貸してくれます。
ただし、返済期間が短く普通に借りても15年で最大でも20年です。不動産での借入は期間が短くキャッシュフローを大きく取りたい場合には難しくなります。

 

銀行から借りられないからといってあきらめていた方は政策金融公庫に相談してみるのがおすすめです。
銀行よりハードルは低いかと思いますが、簡単にお金を貸してくれるわけではありません。

 

融資制度はいろいろあり、事業に合わせた借入になります。
融資申し込み資料があるので、それらに記述して相談しに行くのがいいです。

 

すでに事業を始めている方は過去の実績なども持参することになるかと思います。
商工会員であれば、すでに実績を見ているので、その点は多少優遇処置があるかと思います。地域にしっかり貢献しているかどうかが大切ですからね。

 

お金を借りるには、返す見込みがある方かどうか、事業は発展するかどうか、その地域に見返りがあるかどうかなどが評価対象になります。インターネットビジネスの場合は、地域に見返りが無いと思われている産業で、こういったことには融資は厳しくなる可能性もあります。ただし、今までの決算書が黒字で事業性が
認められれば十分借りられると思います。

 

お金を借りるのは事業を行うのに大切ですが、借金はマイナス方向にも働くこともありますから金利が安い政策金融公庫はおすすめです。ただし返済期間をよく考えて無理なく、事業を急成長させたければ、できれば長く借りるのがおすすめです。

 

銀行ほど沢山の店舗があるわけではないので、お金を沢山借りたい方は、銀行もいろいろ回って資金調達を考えるのがおすすめです。同じ銀行でも支店が変わると融資の考えも変わることがありますから、あきらめないことが大切だと思います。

金利最低で借りる

政策金融公庫は、金利が低く3%以下になることが多いです。
場合によっては金利1%も狙えますから、激安ともいえますね。

 

事業の内容を評価されるのは銀行と同じですが銀行よりは融資がゆるいと言えそうです。
金利を安くしてもらうには過去の事業内容と資産のバランスです。これらがしっかりしていないと信用してもらうことができず金利は高めになります。

 

これはどの銀行でも同じで始めは少し高い金利でも仕方ないかと思います。気に入らないようであれば融資の見直しをしてもらうのがおすすめです。