銀行カードローン 消費者金融 違い

MENU

銀行カードローンと消費者金融の比較でおすすめは?

銀行カードローンと消費者金融の違いは、ローン計算などの細かな違いは色々ありますが、主な違いは利息と返済額の違いです。

 

ある程度収入のあるサラリーマンであれば、金融期間でのトラブルがない限り、いずれでも貸してくれますが1番手っ取り早いのはクレジットカードでのキャッシングです。簡単に借りられるし手間がほとんどかかりません。

 

銀行のカードローンにしても消費者金融にしても、借りる手間は同じようなものです。
いずれも申し込みの時に、本人証明や収入の資料を送る手間がかかります。
本人の所在確認のため電話で在籍確認のある金融機関もありますが、会社に言いふらすようなことはしないので大丈夫だと思います。

 

返済の利息が同じであれば、銀行のカードローンでも消費者金融でもよいと思います。必ずしも銀行という名前がついているから良いということはありません。ただの金貸しですから金利や総支払い額が安い方がいいです。

 

このような金融機関からお金を借りるのも、しっかりと返済できるのであれば、どの金融機関でもいいですね。

 

お金を借りるのが問題ではなく、返すことができないのは問題です。
サラ金や闇金にしても同じ。返せないなら借りないことです。金利が高いのであれば、返済が難しくなりますから借りる前によく考えてみてください。

 

一時しのぎで、給料日まで借りておきたい!というような場合なら、給与で一括返済してしまい、できるだけ借りている期間は短くするのがおすすめです。手元のお金は無くなりますが、最終的には支払う金額を抑えることができるのですから、このくらいの気持ちでなければ借りるのはおすすめできません。

 

どこの金融機関でお金を借りても年収の1/3までしか借りられませんので小額の借入になるかと思います。多額な金額を高金利で借りるのは破たんしてしまいますからね。

 

もし、緊急性がないなら金利の低い銀行からの借入がいいですね。事業のための借入なら金融機関と上手にお付き合いしてみてください。