借入限度額 年収

MENU

収入の無い人は借りられない

当たり前の話ですが、返済できない人にはお金を貸したくないですよね。
だから、そういった方は、お金が借りることはできないです。

 

収入があり、返済してくれる方にはお金を貸してくれます。
銀行などは担保になるものがないと借りられませんが、これも最悪は担保をもらえれば、なんとかなるという銀行の思惑です。だから、タダでお金は貸してもらえることは少ないということです。

 

消費者金融は無担保でも借りられるという金融機関側にリスクがあるのと、借りる側には大きな金利というリスクが課せられるわけです。だから、借りる側はそのリスクをしっかり考えて欲しいところです。

借入限度額は年収のどのくらい?

年収が高ければお金も借りやすくなります。

 

実際に借りられるのは収入の1/3と言われています。
年収が300万円なら最大100万円まで借りられます。
でも、金利が高いと返済額も高くなり毎月の返済で元金が減らない!と思うことになります。

 

ですから年収というより、本当に必要分だけを借りる程度に収めないと、いつまでも借金返済が終わらなくなってしまいます。

 

他にも借金があるなら、それも加えて考えてください。
実際には返済がかなり厳しくなるので、ローンは一か所だけにするのがいいですね。
これを返済するのを先にしないと大変です。

 

もちろん住宅ローンがあるなら、これも含めて考えます。借入額が大きくなると返済が厳しくなるので注意してください。

 

今の年収だったら、幾らまで借りられるかというような、借入限界値まで借りるという発想は危険です。
借入可能額と返済可能額は、必ずしも一致しません。
今の「月収」だと、幾らまでなら余裕を持って返済出来るのか?という視点で逆算していくことが大切です。
お金はリスクや余裕をもって考えないと、不測の事態が起きたときに対応できなくなるかもしれません。