破産宣告・破産手続きの前に

MENU

自己破産以外に借金を完済する方法

借金による困窮度に応じて対応策を選ぶことができます。
「任意整理」「特定調停」「個人再生」はお金を整理して支払います。「自己破産」は払わないでご和算とする最終的な方法です。

 

それぞれの債務者の状況により、これらの方法を選べぶことができないこともあります。専門家である司法書士や弁護士などに相談となるでしょう。現状の借入状況や保有資産などに合わせた方法を選ぶことになります。

 

返済不能状況の困窮度は「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」の順になります。

任意整理

任意整理は、話し合いにより借金を整理する方法です。
比較的借金の総額が少ない場合に行なうのが一般的です。
連帯保証人がいる場合、破産者になりたくない場合、自己破産で免責が得られない場合などにこの方法がよいでしょう。

特別調停

特別調停ができるのは、金銭的債務を負っていて破産するおそれのある人です。
特定調停は、双方の話し合いによる特例の調停です。そのため話合いがつかなければ問題解決ができません。まったく返済の目処が立たないという状況では話し合いで合意とはなりませんので、この方法はとれません。

個人の民事再生

再生計画案が認可されれば、計画案通り返済し、残りの債務は免除されます。
今後の収入が見込めない人や借金の総額が5000万円を超える人は、この方法がとれません。

自己破産

借金の支払ができなくなり破産宣告を受けて借金を免除してもらう手続きが自己破産です。
免責後は、借金はなくなりますが財産もない状況となります。