借入先の銀行

MENU

銀行からの借入

事業者がお金を借入するのは、日本政策金融公庫か銀行、信金になると思います。
ご存じのように銀行の本来の仕事はお金を貸すことで成り立っています。借りる人がいなければ成り立たない商売です。

 

最近は皆さんの預けた貯金で銀行はお金を使うことができるかもしれませんが、貯金はすぐ下ろすかもしれませんので安定的にお金が置かれているわけではないですね。

 

こういった資金を貸してくれるのはありがたいですが、なかなか貸してくれないのも本当の話しです。

 

事業内容がしっかりしていても貸してくれることは少なく、担保があれば貸してくれるというのが一般的です。借りられれば金利も安くていいのですがこのハードルは結構高いです。

 

自営業者は、都銀はかなりハードルが高く、まず借りられないと思った方がいいですね。不動産をいくつか持っていて資産があると判断されても、かなり厳しいのが都銀です。

 

次に地銀ですが、地銀は融資に積極的です。必ず返せる見込みがあるのであれば、融資してくれます。また、担保となるものが必要なことも重要になります。やはりお金を借りるからには返せる見込みを見られてしまいます。地銀も貸してくれるエリアがると思いますので、まったく住んでいる所や、投資先と違った銀行で借りるのは難しくなります。横浜銀行なら神奈川県以外は融資は難しいです。

 

信用金庫はもっとエリアが狭くなることが多いです。横浜信用金庫などは、主に神奈川県になるかと思います。融資は積極的ですが金利は銀行より高めに設定されています。

 

不動産投資の場合は、その不動産が担保になり団体信用保険が適用できるので、連帯保証人なしで貸してくれることもあります。事業の中でも不動産賃貸業が一番借りやすいかと思います。

 

自分の事業が無形のものだと、借入は厳しくなりますから事業でてっとり早くお金を借りたいと考えた場合は、非常に厳しい条件となります。

 

一時的にお金が必要になるような場合は、しっかりその分の貯えを用意しておくのがいいでしょう。あとは簡単な消費者金融に口座を作っておき、最低限の借入ができるようにしておくのがおすすめです。

金利最低で借りる

金利は高ければ損をするだけです。できるだけ金利の安いところがおすすめです。

 

変動金利、固定金利など、その時の市場状況により使い分けてお金は借りるのがいいですね。
景気のいいとき、良くない時、停滞時により、これらの期間を検討した方がいいです。

 

消費者金融は金利が高いですがノーローンは無利息期間を打ち出してますから、これを上手に使うのも一つの方法だと思います。

 

また急速に伸びている事業は加速する必要があるため消費者金融を使うことも考えられるかと思います。
不動産のようなものは加速速度が遅いですから消費者金融には合わないですね。